ニュース

エコキュートの上手な使い方 2020.06.01

エコキュートの上手な使い方

ご家庭の使用状況にあわせて、必要な量だけお湯を沸かし、上手に使い切ることが省エネ・省コストポイントです。

湯量設定の「おまかせモード」で、必要量だけ沸き上げ

「おまかせモード」 は、過去1週間の1時間ごとの使用湯量のデータから、ご家族の生活パターンを分析 します 。それに基づき、1日の使用湯量の想定パターンを作成するので、ムダな沸き上げがありません。 自動で必要湯量をムダなく沸き上げるから、最適な省エネ運転を行います。

 

「昼間休止」で自動沸き増し量を極力減らす

「昼間休止」は、昼間の沸き上げを停止して、夜間時間帯になるまで沸かしません。

早めにおふろをすませたときなど、これ以上自動沸き増しをしなくても、お湯の量が間に合う場合は、『昼間休止』で無駄な沸き上げを停止できます。

 

「沸き上げ休止設定」を活用

旅行などで数日間お湯を使用しないときに沸き上げを2~30日間停止するように設定できます。

 

上手にお湯を沸かして使う

おふろをあたため直す時には、保温運転や『追いだき』よりも、『高温たし湯』の方が省エネで経済的です。

 

前日の残り湯を沸かし直すときは、残り湯を減らしてから『ふろ自動』を押す。

減らす湯量は、風呂接続アダプター(循環口)が水面に出ないくらいがめやすです。

 

残り湯をそのまま沸かし直すと、昼間の運転が多くなり、電気代が高くなる場合があります。

前日の残り湯を沸かしなおすときは残り湯を減らすと経済的です。

ページトップ