長府製作所

「長府製作所」のエコキュート使用中に発生するエラーコードをまとめております。状態と対処方法を確認ください。

こちらに無いエラーに関しては、問い合わせ下さいませ。

000|740|750|760|-|A1|A2|A3|A4|A5|C04|C30|C31|C32|C33|C43|C59|C64|C69|E1|E16|E3|E31|E32|E33|E6|E65|E7|E8|EC|F00|F00|F03|F16|F17|F25|F3|F31|F32|F38|F43|F45|F46|F47|F54|F56|F59|F63|F65|F94|FA|H0|H14|H15|H25|H3|H30|H31|H32|H32|H33|H33|H34|H34|H34|H35|H35|H36|H54|H54|H56|H57|H58|H6|H65|H70|H8|H82|H83|H9|H91|HC|HJ|J0|J3|J5|J6|J8|JA|L3|L4|L5|P4|P76|U0|U2|U4|U45|U51|U53|U54|U54|U61|U7|U76|UF
  • コード
    内容
    処置方法
  • コード
    000
    内容
    停電発生です 【原因】 停電復帰時に【警報履歴】としてセットされます
    処置方法
    【故障履歴呼び出し時】にのみ表示します・・通常運転では表示しません長時間停電の場合、台所リモコンの時刻設定が必要な場合があります(台所リモコンの時刻設定を確認してください)
  • コード
    740
    内容
    【台所リモコン~制御基板】間の通信が、【1分間】途絶えたことの検出です 【原因】台所リモコンが判断した通信不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【外部ノイズ等外的要因】が原因の場合があります
  • コード
    750
    内容
    【浴室リモコン~制御基板】間の通信が、【1分間】途絶えたことの検出です 【原因】浴室リモコンが判断した通信不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【外部ノイズ等外的要因】が原因の場合があります
  • コード
    760
    内容
    【浴室リモコン~制御基板】間の通信が、【1分間】途絶えたことの検出です 【原因】制御基板が判断した通信不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【外部ノイズ等外的要因】が原因の場合があります
  • コード
    -
    内容
    【ノイズ・電圧瞬時低下・電源瞬時停電】等によるマイコンの誤作動です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    A1
    内容
    圧縮機停止時の【高圧圧力スイッチ作動】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    A2
    内容
    ヒートポンプユニット沸き上げ回路の高温【97℃以上】検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【断水・給水栓閉止・沸き上げ回路のバルブの閉止】を確認して下さい
  • コード
    A3
    内容
    ヒートポンプユニットが沸き上げ運転開始【30分経過】しても、【温度が上がらない(50℃以下)】であることの検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    A4
    内容
    ヒートポンプユニットの基板温サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    A5
    内容
    ヒートポンプユニット【起動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    C04
    内容
    ソーラー不凍液【不足】です
    処置方法
    【不凍液(専用補液)】補充により警報解除しますソーラー不凍液の残量を確認して下さい
  • コード
    C30
    内容
    凍結予防サーミスタ不良【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    C31
    内容
    ソーラー往きサーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    C32
    内容
    ソーラー戻りサーミスタ【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    C33
    内容
    貯湯サーミスタ不良【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    C43
    内容
    ソーラー不凍液【水位電極故障】です
    処置方法
    不良箇所修正により復帰します
  • コード
    C59
    内容
    ソーラー不凍液【水位オーバー】です
    処置方法
    正常水位(警告水位離水)検出で自動復帰しますソーラー不凍液の残量を確認して下さい
  • コード
    C64
    内容
    ソーラーポンプ【作動不良】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    C69
    内容
    ソーラー三方弁【作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    E1
    内容
    ヒートポンプユニットの(マイコンのプログラム)が【正常に動作しない】ことの検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    E16
    内容
    リモコンの給湯設定温度以上の【高温が出ている】ことの検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
    【断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    E3
    内容
    ヒートポンプユニット動作時の【高圧圧力SW作動】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【給水 及び 沸き上げ回路】の止水栓の閉止、断水を確認して下さい
  • コード
    E31
    内容
    給湯サーミスタの不良【断線 又は ショート】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    E32
    内容
    給水サーミスタの不良【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    E33
    内容
    湯とりサーミスタの不良【断線 又は ショート】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    E6
    内容
    ヒートポンプユニットの【圧縮機ロック】判定です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    E65
    内容
    給湯混合弁作動不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    E7
    内容
    ヒートポンプユニットの【室外ファンロック】判定です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【ファン電動機周辺の異物の絡まり】を確認して下さい
  • コード
    E8
    内容
    ヒートポンプユニットの圧縮機運転中の【入力過電流検出】による停止です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【空気熱交換器(フィン)の汚れ(ホコリ) 及び ヒートポンプユニット周辺条件】を確認して下さい
  • コード
    EC
    内容
    ヒートポンプユニットの沸き上げ回路の【高温(97℃以上)】検知です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【断水・給水栓閉止・沸き上げ回路のバルブの閉止】を確認して下さい
  • コード
    F00
    内容
    設置後の初回お湯はり時の【ふろ残り湯】検知です
    処置方法
    浴槽の残り湯を捨てて、台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除後、【ふろ試運転】を再実行してください
  • コード
    F00
    内容
    オート試運転時の【ふろ残り湯】検知です
    処置方法
    浴槽の残り湯を捨てて、貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして【オート試運転】を再実行してください
  • コード
    F03
    内容
    【排水栓抜け・お湯はり時間超過検知】です
    処置方法
    ふろ流量調整弁のリード線、コネクタの抜け点検確認
    ふろ流量調整弁の点検交換
  • コード
    F16
    内容
    リモコンのふろ設定温度以上の【高温が出ている】ことを検知です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
    【断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    F17
    内容
    漏水センサによる【漏水】検知です
    処置方法
    漏水センサを取付ている場合のみ警報表示
  • コード
    F25
    内容
    ふろ循環ポンプ作動前に【ふろ水流スイッチ作動】を検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F3
    内容
    ヒートポンプユニットの吐出管温度【高温検知】による停止です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    F31
    内容
    お湯はりサーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F32
    内容
    ふろサーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F38
    内容
    残湯量サーミスタ(50L黄・100L青・150L白・200L黒)の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    F43
    内容
    水位センサが【水位許容範囲を超えた水位】の検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します浴槽設置が工事説明書の許容範囲を超えていないか確認して下さい
  • コード
    F45
    内容
    熱交循環ポンプの回転数が【異常に低下】したことを検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F46
    内容
    ふろ循環ポンプ異常の回転数が【異常に低下】したことを検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F47
    内容
    漏水センサ伝送不良です
    処置方法
    漏水センサを取付ている場合のみ警報表示
  • コード
    F54
    内容
    ふろ三方弁作動不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F56
    内容
    お湯はり開始したにもかかわらず【お湯はり量】が認識できない状態です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します【
    断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    F59
    内容
    お湯はりを終了したにもかかわらず、浴槽の【水位が上昇する】為の警告です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F63
    内容
    ふろ追いだき中に【浴槽水の循環】が認識できない
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
    【浴槽内に水があること 及び 循環口フィルターの汚れ(詰り)】を確認して下さい
  • コード
    F65
    内容
    【お湯はり混合弁作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    F94
    内容
    水位センサが【水位許容範囲を超えた水位】を検出です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します浴槽設置が工事説明書の許容範囲を超えていないか確認して下さい
  • コード
    H97
    内容
    追いだき熱交換器異常 【原因】ふろサーミスターが高温の温度を検出後、冷却運転しても、10分以内に再度冷却運転をおこなった
    処置方法
    ふろサーミスターの抵抗値の確認、交換または、追いだき熱交換器の交換
  • コード
    FA
    内容
    ヒートポンプユニットの【冷媒圧力異常上昇】を検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【断水・給水栓閉止・沸き上げ回路のバルブの閉止】を確認して下さい
  • コード
    H0
    内容
    ヒートポンプユニットの基板内の【電圧・電流】に異常値を検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    H14
    内容
    温度過昇防止器【96℃以上】作動です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    H15
    内容
    缶体上部高温(95℃以上)検知です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    H25
    内容
    ふろ循環ポンプ作動前に【ふろ水流スイッチ=ON】を検出です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します
  • コード
    H3
    内容
    ヒートポンプユニットの圧縮機停止時にもかかわらず【高圧圧力SWが作動】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をしてください・・正常圧力検出により自動復帰します
  • コード
    H30
    内容
    缶体上サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    H31
    内容
    残湯量サーミスタ1の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H32
    内容
    給水サーミスタの【断線 又は ショート】です EHP-300・370シリーズが対象
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H32
    内容
    残湯量サーミスタ2の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H33
    内容
    ふろサーミスタの【断線 又は ショート】です EHP-370シリーズが対象
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H33
    内容
    残湯量サーミスタ3の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H34
    内容
    給水サーミスタの【断線 又は ショート】です EHP-371~3742、4641、4642】シリーズが対象
    EHP-371シリーズが対象
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H34
    内容
    給湯サーミスタの【断線 又は ショート】です EHP-300・370シリーズが対象
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H34
    内容
    残湯量サーミスタ4の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H35
    内容
    残湯量サーミスタ5の【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H35
    内容
    湯とりサーミスタの【断線 又は ショート】です EHP-3732シリーズが対象
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H36
    内容
    缶体2上サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H54
    内容
    【三方弁作動不良】です EHP-300・370シリーズが対象
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します
  • コード
    H54
    内容
    【湯とり三方弁作動不良】です EHP-3732・3742・4742シリーズが対象
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    H56
    内容
    【混合弁作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します
    【断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    H57
    内容
    【膨張水三方弁作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    H58
    内容
    【バイパス電磁弁作動不良】です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します
  • コード
    H6
    内容
    ヒートポンプユニットの【圧縮機回転不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    H65
    内容
    【湯とり混合弁作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    H70
    内容
    【電源周波数異常】です
    処置方法
    正常周波数検知により復帰します・・貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
  • コード
    H8
    内容
    ヒートポンプユニットの圧縮機が回転していることを制御基板は認識しているにもかかわらず電気を消費していないことを検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をしてください
  • コード
    H82
    内容
    停電復帰時に【(制御基板の記憶時刻)と(リモコンの時刻)】のデータが一致しないことを検出です
    処置方法
    リモコンに現在時刻を設定してください。電源電圧の低下の場合があります
  • コード
    H83
    内容
    試運転時に水位センサが【水位許容範囲を超えた水位】を検出です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します浴槽設置が工事説明書の許容範囲を超えていないか確認して下さい
  • コード
    H9
    内容
    外気サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    H91
    内容
    【保安器作動(96℃以上) 又は  ユニット間の誤配線】です
    処置方法
    【保安器を手動復帰 及び 誤配線の確認(修正)】後、浴室リモコン【OFF/ON】による警報解除が必要です
  • コード
    HC
    内容
    ヒートポンプユニットの出湯サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    HJ
    内容
    沸き上げ運転中にヒートポンプユニットの【(入水・出湯)サーミスタ】の【温度バランス】不良です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください【断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    J0
    内容
    ヒートポンプユニットの冷媒調整器サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    J3
    内容
    ヒートポンプユニットの吐出サーミスタの【断線(ショート) 又は 吐出菅サーミスタ温度
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】 又は 【貯湯ユニットの漏電ブレーカーを3秒以上『切』後、再度『入』により】警報解除します
  • コード
    J5
    内容
    ヒートポンプユニットの吸入管温度サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    J6
    内容
    ヒートポンプユニットの熱交サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    J8
    内容
    ヒートポンプユニットの入水サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    JA
    内容
    ヒートポンプユニットの【圧力センサー作動】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【空気熱交換器(フィン)の汚れ(ホコリ) 及び ヒートポンプユニット周辺条件】を確認して下さい
  • コード
    L3
    内容
    ヒートポンプユニットの電装品箱内【温度上昇(73℃以上)】による停止です
    処置方法
    【63℃以下検出】により自動復帰します
  • コード
    L4
    内容
    ヒートポンプユニットの【放熱フィン温度上昇(78℃以上)】による停止です
    処置方法
    【63℃以下検出】により自動復帰します
  • コード
    L5
    内容
    ヒートポンプユニット運転中の【過電流検出】による停止です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【(安定した電源電圧)・HPユニット機内配線の全てのコネクタ(接続部)の接触不良】確認後、【電源リセット】してください・・全てのコネクタ(接続部)を【抜き差し】して確認すること(特に圧縮機リード線は確実に行うこと)
  • コード
    P4
    内容
    ヒートポンプユニットの放熱サーミスタの【断線 又は ショート】です
    処置方法
    【正常温度検出(交換)】により復帰します
  • コード
    P76
    内容
    貯湯タンクの制御基板間の通信不良です
    処置方法
    【不良解除】により自動復帰します
  • コード
    U0
    内容
    ヒートポンプユニットの【冷媒ガス不足】検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【断水・給水栓閉止・ストレーナーゴミ詰まり】等、給水不良を確認して下さい
  • コード
    U2
    内容
    電源電圧不良検出です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【船舶での使用】等、発電機で電力を供給すると【電源電圧が不安定】な場合に警報になります
  • コード
    U4
    内容
    【貯湯タンク~HPユニット間】の【通信不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【外部ノイズ等外的要因】が原因の場合があります
  • コード
    U45
    内容
    沸き上げポンプの回転数が【異常に低下】したことを検出です
    処置方法
    台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    U51
    内容
    お湯はり時の【浴槽排水栓の閉め忘れ】です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します
    【排水栓抜け(閉め忘れ・漏れ)・循環口フィルタ汚れ(詰り)】を確認してください
  • コード
    U53
    内容
    【浴槽水位検知不良】です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除します浴槽を空にして排水栓をした状態にして試運転モード【浴室リモコン運転SW(切)の状態で、ふろ自動SWを(10秒)長押し】でお湯はり量再設定してください
  • コード
    U54
    内容
    【沸き上げ三方弁作動不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』にした後、台所リモコンの【確定SW 又は 現在温度表示SW】(10秒)長押しにより警報解除します
  • コード
    U54
    内容
    設置後の初回お湯はり時の【ふろ残り湯あり】検知です EHP-370GPXHが対象
    処置方法
    浴槽を空にして排水栓をした状態にして試運転モード【浴室リモコン運転SW(切)の状態で、ふろ自動SWを(10秒)長押し】でお湯はり量再設定してください
  • コード
    U61
    内容
    貯湯タンクの【湯切れ検知】です
    処置方法
    浴室リモコン【OFF/ON】により警報解除しますお湯の【沸き上がり】を待ってください
  • コード
    U7
    内容
    ヒートポンプユニットの【プリント基板内通信不良】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【外部ノイズ等外的要因】が原因の場合があります
  • コード
    U76
    内容
    【貯湯タンク~HPユニット間】の【通信不良】です
    処置方法
    【ノイズ・電圧瞬時低下・電源瞬時停電・電源周波数不安定】の場合があります
  • コード
    UF
    内容
    【貯湯タンク~HPユニット間】の【誤配管検出】です
    処置方法
    貯湯ユニットの【漏電ブレーカー】を3秒以上『切』後、再度『入』をして警報解除してください
    【貯湯タンクの満水・止水栓閉止、メンテナンスバルブ位置】を確認してください
ページトップ